March 17, 2017

Photographers in NY.



好きだった写真家が数名出てくるので、気になっていた映画。
彼らの写真を見てアメリカ、特にNYに夢中になった。

とりわけマーサ・クーパーとジャメル・シャバズ
この二人の写真集はネットが今ほど主流でなかった時代。
大きな本屋の洋書売り場で食いいるように見ていたのを思い出す。
(当然当時のおこずかいでは買えないから立ち読み)

当時グラフィティを書いてた仲間と
HIPHOPカルチャーに夢中になった頃の宝物だった。

ドキュメンタリーを求め、クレイジーなカメラマンもいる
それはそれでとても刺激的。

個人的には被写体を尊重する考えのフォトグラファーに共感。








1 comment: